水虫は皮膚科でムズムズをサラサラに完治できる

皮膚科で治る痔

看護師

日本人に多いと言われている痔は、肛門科だけではなく皮膚科でも治療を行っています。まずは、症状を見てもらった後に適切な外科的治療や内服液の治療を行って正しく治すようにしましょう。

予防をすることが大切

看護師

水虫になる原因を知っておくと、水虫になることを避けられるのかもしれません。いったんなったら、薬を毎日ぬらなくてはいけません。水虫になってしまう前に、予防も心がけましょう。

クリニックで治そう

新宿の皮膚科でアンチエイジングを行いたいのであれば、こちらのサイトで信頼できるクリニックを見つけましょう。

待たずに診察を受けられます。新宿で皮膚科を探すならここへ。色んな症状に対応しているので安心の医院です。

足

足の裏や足の指が痒く、白くふやけるなどの症状が見られる場合、水虫の可能性が考えられます。また、足指がじゅくじゅくする、川がむけるなどの症状も水虫の特徴です。足の爪が黄色や白っぽく変色する場合も水虫の疑いがあるので皮膚科で受診しましょう。水虫は、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビが原因で発症する皮膚病です。一般的に水虫は痒みを伴う「趾間型(しかんがた)」が多くの人に見られますが、人によっては痒みを伴わないこともあります。そのため、痒みが見られないからといって水虫ではないと自己判断してしまうのは危険です。きちんと皮膚科などのクリニックで受診することが大切です。また、床や靴底に接触する足の裏やその周囲に、赤いぶつぶつができる場合も水虫の疑いがあります。水虫の中でも特に強い痒みを伴う「水疱型(すいほうがた)」と呼ばれ、水ぶくれのような水疱が出来てしまいます。その他にも、「角化型(かくかがた)」は、皮膚がめくれてしまい家庭内にパラパラと水虫菌が付いた皮が落ちてしまいます。家族が感染してしまう上、本人が水虫だと自覚しにくいことから厄介なタイプだといえます。

水虫にはこのようにさまざまなタイプがあるため、素人が自分で水虫だと判断するのは難しいといえます。また、水虫を改善する市販薬を使用しても一向に改善されない場合は、皮膚科できちんとした薬を処方してもらいましょう。水虫は感染症のため、家族が感染する前に適切な処置を施す必要があります。同じスリッパや足拭きマット、タオルなどを使用しないなどの対策も必要です。しかし、水虫が改善されないまま生活を続けていると家族に感染が広まってしまう上、水虫が悪化してしまい改善が難しくなってしまいます。さらに、市販薬で一時的に痒みや症状が改善されてもぶり返す恐れもあります。皮膚科で適切な治療を受け、完治を目指しましょう。皮膚科ではさまざまな症状を改善することができるので、疾患性の症状に悩んだときはすぐに受診すると適切です。

通いやすいクリニックとしてサラリーマンに人気です。西新宿の皮膚科なら、駅から徒歩1分のアクセスで便利だから仕事帰りに最適です。

丁寧な説明を行なうことが魅力です。横浜の皮膚科ではわかりやすい説明を心がけているので治療に疑問を持たなくて済みますよ。

皮膚に起こる病気

医者

単純ヘルペス、帯状疱疹ともに罹りやすい原因となるのがストレス過多や疲労蓄積による免疫力の低下です。皮膚科などで治療をすることが必要になるので、症状が発生したら早い段階で対処しましょう。